インターネットがない時代の旅の姿 Vol.7

Windows95が世に出た1995年。
インターネット元年と言われています。

ボストンに留学していた僕が、初めてヨーロッパを旅したのはそんな年でした。

今でも旅が好きですが、当時の旅とのスタイルとは全く違っていて、旅の楽しみ方や旅で得るものが違ってきているように思います。

そこで、当時と今の旅を比較してみました。

若い人にとっては、インターネットがないというのはありえない状況かもしれませんが、そんな時代もあったんです。

いよいよフランスに入ります。

パリで遭遇した恐ろしいこととは!?

Innaと分かれ、夜行列車でパリに向かいます。

ドイツとフランスの国境で「パスポート!」というデカい声に起こされてフランスに入国。
1995年7月25日の朝6時ごろ、パリに到着しました。

ここで電話をして、両親にパリに滞在していることを伝えました。
時々伝えておかないと心配しますからね。

夜行列車の中で「地球の歩き方」をみて、パリではカルチェラタン(シテ島の南側)にあるユースに泊まろうと思っていました。

地下鉄の乗り場に行く前に、カフェスタンドでエスプレッソを飲んでいると、列車の掲示板にマルセイユ行のTGV(フランスの新幹線)が見えました。

そして、地下鉄駅に行くのをやめ、僕はマルセイユ行のTGVに乗り込みました。

なぜそんな行動をとったのかまったく覚えていませんが、気が付いたら、TGV上でした。

このあと、マルセイユ・ニースと移動し、1週間後にパリに戻ってきました。

そこで、恐ろしいことが分かります。
地下鉄を使って、予定していたユースに向かったのですが、駅にやたらと警察官がいます。
しかも、利用しようとしていた地下鉄駅が使えません。

なんとかしてユースにチェックインし、ここで両親に電話。

母

あんた、どこにいるの?

パリやで

母

え? 1週間前もパリって言ってなかった?

あのあと気が変わって、マルセイユに行ってん

母

よかった。。。。あんたのユースの近くで爆弾テロがあってんで。

まさに、僕が最初にパリに到着した日に事件は起きました。
マルセイユに行かずに、地下鉄に乗り込んでいたら。。。
ぞっとします。

Vol.8では、南仏の美味しい食をご紹介。

↓ぽちっとよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村


上海ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました