インターネットがない時代の旅の姿 Vol.6

Windows95が世に出た1995年。
インターネット元年と言われています。

ボストンに留学していた僕が、初めてヨーロッパを旅したのはそんな年でした。

今でも旅が好きですが、当時の旅とのスタイルとは全く違っていて、旅の楽しみ方や旅で得るものが違ってきているように思います。

そこで、当時と今の旅を比較してみました。

若い人にとっては、インターネットがないというのはありえない状況かもしれませんが、そんな時代もあったんです。

今回は、カールスルーエで起きたもう一つのドラマです。

アナザーストーリー@カールスルーエ

彼女が駅に来るまでの2時間でこんなドラマもありました。

駅のベンチに座って待っていると、おじさんが英語で話しかけてきました。
しばらく英語で会話をします。
おじさんは英語を勉強しているところなので、英語での話し相手が欲しかったそうです。

話の流れで「何かドイツ語を知っているか?」と聞かれました。

そこで、たまたま知っていたセンテンスを言いました。

Ich habe hungrig(お腹がすいた)

食いしん坊の僕らしいセンテンスです。
我ながら感心します。

するとおじさんがパン屋を紹介してくれました。

僕はドイツマルクを持っていないんだ。銀行が開いてなくて下せないんだ。。。

と返しました。

おじさん
おじさん

ちょっと待ってて

しばらくして戻ってきたおじさんの手にはいくつかのパンが。

これやるよ。会話してくれてありがとう。楽しかったよ!良い旅を!

といって、おじさんはどこかに消え去りました。

Facebook友達になることができない時代です。

「一期一会」が身に沁みます。

Vol.7では、フランスに入ります。

↓ぽちっとよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村


上海ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました