インターネットがない時代の旅の姿 Vol.10

Windows95が世に出た1995年。
インターネット元年と言われています。

ボストンに留学していた僕が、初めてヨーロッパを旅したのはそんな年でした。

今でも旅が好きですが、当時の旅とのスタイルとは全く違っていて、旅の楽しみ方や旅で得るものが違ってきているように思います。

そこで、当時と今の旅を比較してみました。

若い人にとっては、インターネットがないというのはありえない状況かもしれませんが、そんな時代もあったんです。

今回は、パリでの出会いです。

芸術のパリで芸術家と出会う

パリに戻り、爆弾テロ現場近くのユースに泊まります。

現地での情報収集

現代の旅

ネットで収集します。

当時の旅

現代の旅と違いネットで情報が取れませんので、現地情報は口コミが命。
どこで情報を得るのかと言えば、宿の朝食会場です。

これまでもそうなのですが、ユースや安宿には僕と同じようなバックパッカーが寝泊まりしているので、朝食会場で近くに座ったバックパッカーに声をかけて情報交換をします。
当然、朝食会場での公用語は英語。
英語を学んでいない人は、情報収集ができない時代です。

ちなみに、パリのユースの朝食はバケットとカフェオレ。
どんぶりのようなデカい器で飲むカフェオレは、途中で少し飽きてくる量。
バケットも、日本の方が美味しいと感じてしまいました。
好みの問題かもしれませんが。

この朝食会場で、ある写真家と知り合います。

有名ファッション誌vogueのカメラマン。
ベルリンvogueでやってきましたが、ファッションの本場パリのvogue担当になったそうで、パリでアパート探しをする間だけユースに泊まっていた人です。この人のおかげで一つの体験と一つの情報を得ました。

一つの体験
ユース滞在中に、この人のアパートでの引っ越し祝いパーティに呼んでもらいました。
パリのアパルトマンに潜入できるのは、普通の旅行ではなかなか体験できません。
ワインやおしゃれなおつまみを片手に、おしゃれなアパートでパーティ。
別に高級アパートではないのですが、セレブになったような雰囲気になれました。
パーティで行われている雑談も、芸術関係ばっかり。
その辺はちんぷんかんぷんでしたね。

一つの情報
その方は、写真を撮るために、いろんなところを旅行されていました。
なかでも、おススメされたのは、フランスの田舎町アルル。
ずっとこの時のことが印象に残っていて、この18年後に南仏旅行をしたときに、アルルを旅行先に含めました。
控えめに言って、アルルは最高でした。
僕も住んでみたくなりましたね。

Vol.11では、ロンドンに戻ります。
最終話です。

↓ぽちっとよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村


上海ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました