上海を懐かしむシリーズ #9 外灘 飲茶 御宝軒

中国生活

上海ペニンシュラホテルの向かいの建物に入っている、少し高級な飲茶。

夜も美味しい広東料理をいただけるけど、雰囲気料金が込なので割高感がある。

飲茶も、割高感は否めないけど、日本から来た人をもてなすのであれば、これぐらいの店が安心。

これが名物らしい。
卵の黄身が入った饅頭。

大众点评でも、この写真が最初に出てくる。

実は食べ方が難しい。
失敗すると大惨事を招く。

初めて食べる時は大惨事になった。

まず、めちゃくちゃ熱い。蒸し立てだ。
両手で「熱っ熱っ」と言いながら、写真に収めようと、真ん中をパックリ割るのだが、思っていたよりも黄身がトロトロで、饅頭から飛び出して、自分の手に垂れてくる。

これが拷問のように熱い。

綺麗に写真に納めたい人は、撮影係と割る係に役割を分担し、割る係の人は、割れた面が、必ず上を向くように割らないといけない。
少しでも油断すると、手に垂れかかってしまう。

こういう普通の春巻も美味い。
まあ、春巻のまずい店にあまり出会ったことがないけど。

御宝轩(益丰•外滩源店)
北京东路99号益丰•外滩源4层

↓ぽちっとよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村


上海ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました