深圳市大湾区个税优惠政策 がいよいよ始まるようだ

中国生活

深圳市大湾区个税优惠政策 がいよいよ始まるようです。

以下、Google翻訳。

広東-香港-マカオ大湾圏の建設を支援するため、「広東-香港-マカオ大湾圏における個人所得税の優遇政策に関する財務省への通知」(カイシュイ[2019]第31号)に従い、市政府の同意を得て、深センの実情に照らして通知は次のとおりです。

1.深センで働く海外の優秀な人材と不足している人材は、中国本土と香港の個人所得税の負担の違いに応じて助成され、そのような助成金は個人所得税が免除されます。納税年度において、納税者の​​税額から推定税額を差し引いたものは、納税者が当年度の個人所得税補助金を申請できることを意味します。

2.この通知で支払われる税金は、「中華人民共和国の個人所得税法」に従って次の所得に対して支払われる個人所得税の額を指します。
(1)賃金と給与からの収入。
(2)労働サービス報酬からの収入。
(3)著者の報酬の収益。
(4)ロイヤルティからの収入。
(5)営業利益。
(6)選択した人材プロジェクトまたは人材プロジェクトからの補助金収入。

3.この通知に記載されている推定税額は、税年度中に香港の税法に従って計算された納税者の個人所得の課税対象額を指します。納税者の2019年税年度の補助金の税額は、標準税率法に基づいて計算され、初年度以降は標準税率法または累進税率法を選択できます。
(1)標準税率法推定税額=申告者の課税所得×15%。
(2)累進税率法。推定税額は、申告者の当初の所得に基づいて香港税法に従って計算された未払税額です(香港税法で規定されている非課税免除条件、および非現金または払い戻しの形で従業員が得た福利厚生を除く)。

4.補助金は、個人所得項目をもとに、項目別(包括利益総合計算)に算出した補助金と合わせて計算しています。

5.海外の優秀な人材および不足している人材の特定は、自主宣言および科学的客観性の原則に基づくものとする。

6.海外の優秀な人材および不足している人材は、香港およびマカオの永住者、香港入国計画を取得した香港の住民(優秀な人材、専門家、起業家)、香港およびマカオに定住した本土の住民(本土の戸籍をキャンセル)、台湾を指します。課税所得が制限に達した地域住民、外国人、海外に長期滞在した外国人留学生と海外中国人が帰国し、私たちの街の雇用主に勤務し、法律に従って深センで税金を支払い、法律、規制、科学研究倫理および科学研究の完全性を遵守し、同時に次のいずれかの条件を満たすこと。

(1)国家、地方、地方自治体の主要な才能プロジェクトが選択され、広東省の「才能優秀な広東カード」、外国人労働許可証(A、B)または外国の高級才能確認書を取得した才能、ならびに国家、地方や都市によって認められた他の海外のハイレベルな才能。
(2)科学研究チームのメンバー、および国、州、地方自治体レベルの主要なイノベーションプラットフォームの中間レベル以上の管理能力。
(3)高等教育機関、科学研究機関、病院、およびその他の関連機関の研究および技術チームメンバー、中級以上の管理担当者、または都市レベル以上で主要な垂直研究プロジェクトを実施し、都市レベル以上の主要な専門分野および主要な専門分野を主導するチームメンバー人。
(4)認定された本社企業、フォーチュン500企業とその支店、および当市のハイテク企業、大規模なバックボーン企業、上場企業、倉庫業および栽培企業、高成長技術革新中小企業の中堅以上のマネージャー、科学研究チームのメンバー、技術スキルのバックボーン、卓越した若い才能。
(5)中堅以上のマネージャー、科学研究チームのメンバー、技術的および技術的バックボーン、そして私たちの街の主要産業および主要分野で雇用され起業家である優れた若い才能。

(以下省略)

原文中国語のGoogle翻訳をそのまま転載しています。誤字脱字誤訳なども補正していません。

実質的に、深センで働く優秀な外国人や大企業の外国人は、香港並みの個人所得税になります。

「だから、優秀な外国人のみんな!深センにおいでよ!」ってことです。

7月初めに具体的なガイドラインがすでに通知されており、8月1日より申請が始まるそう。

香港に対抗する施策がどんどん具体化されていきますね。

ついでに、上海の外国人の個人所得税も安くしてほしいです。

↓ぽちっとよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村


上海ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました