上海 虹橋 鰻蘭 香しい鰻重

中国生活

食事を誘った友人たちにことごとく振られ、一人で食事をすることになった。

これは、鰻を食べるチャンス。
隔離中にうなぎを食う人の画像を見て以来、ずっと食べたかった。

上海でいくつかの店で食べてきた。

初めて上海に来た2008年は、ほとんどが中国の丸々太った鰻を出す店しかなく、日本の鰻とはかなりレベルの差があった。

まともなのは、徐家汇の日本村にあった鰻屋ぐらいだろうか。

上海万博のころから、いば昇などがやってきて、ちゃんとした鰻屋が増えてきた。

当時は、上海で食べる鰻は、日本で食べるよりも高いイメージだったけど、奇しくも日本でのうなぎの価格が高騰していったので、結果として同じぐらいの値段で食べることができる。

今回いった鰻蘭は、2019年にできたばかりの新参者。

近くにある鰻魚王(安龙路 近 仙霞路)が好きなので訪問したら、たまたま休みだったので、とぼとぼ仙霞路を歩いていたときに偶然見つけた店。

初訪問時、鰻に少し泥臭さを感じたので、そのことを女将さんに告げたら、「そんなはずはない。私にも味見をさせて来れ」と客が食べている鰻を食べさせて来れと言ってきたので、その積極さに負けて食べさせてあげたら「確かに臭い。時間ありますか?」というので、「あるよ」と答えたら「作り直します。」ということで、新たに作り直してきた。

作り直している間、まだほとんど客が入っていなかったので「どうしたら客が入るのか?」と意見を求めてきたのでいろいろ議論。

これが初めての鰻蘭との出会い。

その後、再訪問したときは、臭みのない鰻に進化していた。

研究熱心・商売熱心なので、それ以降、贔屓にして通っている。

前回訪問したのが、2019年11月4日らしいので、11ヶ月ぶりの訪問。

鰻が焼き上がるまで20分ぐらいかかるので、それまでおかずを二品。

揚げ出し豆腐と蓮根のはさみ揚げ

そして、無料サービスのおひたし。

思っていた以上の量。

これらを食べ終わった時点でかなりお腹がいっぱいに。。。

そして、鰻重上のダブルがやってきた。

ご飯の間にも鰻が入った贅沢鰻重は320元。

隔離に耐えたんだから、たまにはいいでしょ。

鰻はふっくら柔らかい。

美味かった。

 

↓ぽちっとよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村


上海ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました