上海日記| Appleに振り回された散歩

ガジェット

 




iPhone 13を買いたくてApple Storeに行くことに。

せっかく天気がいいので歩いて行こう。

なんでエアコンの室外機ってブサイクなんだろう。

電柱を地中に埋めた後は、室外機も埋めてしまいたい。

途中で遅めの昼ご飯。
週末になると食べたくなる葱油拌面。

そして、もちろんトロ肉チャーシューをトッピング。

約500円。円安もあって、そんなに安くもない。。。

威海路を東に入る。

日本っぽいベランダ付きのマンション。

細い。倒れそうなマンション。

武康路の撮影スポットに似た丸い建物。


人民広場の近くを通って黄陂南路を南に下っていく。
ここだけ切り取ると、秋の御堂筋みたい。銀杏が綺麗。

途中で小さな公園があって、紅葉していたので思わず中に入って10分ほど休憩。

通りがかりのおじさんが、彼女を撮影しようとしてる男の子を捕まえて、彼女をより美しく取るための方法論を彼氏に教えていた。

なんかこういう人懐っこいところが微笑ましい。

で香港広場のApple Storeに入って最初に話しかけてきた人にiPhone13の在庫を聞くと、ProもProMaxも1台もない。
「ネットで買えば最低2週間待てば届くと思うよ」と言われた。
iPhone13 とminiはあるらしいけど、今日はProの方を買うつもりで来たので一旦保留。

そして前回、南京东路のApple Storeに行ったときには在庫がなかったiPad miniについても聞いてみる。
すると64ギガのものが1つだけ在庫があるらしい。
色は選べないけど、たまたま残っていたやつは別に嫌な色ではなかったのでそれを購入。

そしてSmart CoverかSmart Folioを買おうと思って確認すると、なんとそっちの在庫がなかった。厳密に言うとSmart Folioは在庫ゼロでSmart Coverはオレンジ色だけが在庫があったけど、さすがにおっさんにはパッションが過ぎる。

せっかく街に出たので、そのまま帰るのも悔しいと思い、1号線の黄陂南路から地下鉄に乗って陕西南路で降り、iapmのApple Storeに入って在庫を聞いてみたけど、ここにも0。
こんなに何にも在庫がないのにたくさんの人が集まってる。
みんな何しに来てるんだろう?
ほんとかどうかわからないけど雑談で店員に聞いたのは、半導体不足が原因だそうだ。

iPad miniはどうかというとなかなか良い。
64ギガで容量が小さいので、使い道を絞り込んだ。

基本的にはKindleで本を読むのとあとApple Pencilでノートを取る。
それ以外にも基本的には雑誌とか動画の閲覧用に使うつもり。

iPad mini上でクリエイティブなことをしようと思わないので動画やカメラ系のアプリは全て消去した。
アプリを残しているとついついそれを使ってしまって容量を食ってしまうので思い切って全部消した。

Apple PencilはiPad Pro用に1つ持っているので、今回はLogitechのCrayonというのを買ってみた。値段は半分位。安くてデザインが少し可愛くなっている。
書き心地はApple Pencilと違うけど別に悪くない。
ただやはりApple Pencilよりも機能的に劣る。

マグネットで本体にくっつけるができない。
マグネットでくっつかないので、そこで充電することもできない。

どうやって充電するんだろうと思ってたら、ペンシルの先に蓋があって、そこを開けてLightningで充電するみたい。
iPad miniの充電はUSB-Cになったのだから、こっちもUSB-Cで充電したかった。
このペンは、まだiPadがLightningだった時代に発売されたものっぽいので仕方ないんだけど。

このままクレヨンペンを使い続けるか、売却してApple Pencilを買い直すかちょっと迷っている。

書くと言う行為自体は別に何の問題もないし値段も安いからいいんだけどね。
マグネットでくっつかないからどうしても持ち歩くのを忘れそうになる。

いろいろ収穫のあった土曜日でした。

 

↓ぽちっとよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村




 




コメント

タイトルとURLをコピーしました