上海日記|Wolfgang’s Steak Houseで眠った体を覚醒

中国生活

 




朝起きてすぐにスマホを見る。

健康コードの確認。

ちゃんと緑になってる!

これで本当に自由です。
雨予報だったのにいい天気だし。

すぐに散歩兼朝食に出かけたいところですが、今日のランチは知人と肉を食べる約束があります。
お腹を空かせていかないといけません。

今回の隔離弁当は、牛肉がほとんどありませんでした。
鶏肉ばかり。

自主隔離になってからも、ホテルの周辺に牛肉がうまい店が少なく、ハンバーガーを食べるのが精一杯。
ハンバーガーは大好物ではあるのですが、でもミンチ肉では、僕の顎を満足させることができません。

噛みたい。。。
肉が噛みたい。。。

神戸ビーフは好きです。
松阪牛も好きです。
佐賀牛も好きです。

でも、今日はそれじゃないんです。
口の中でとろける必要はありません。
ある程度硬さのあるチューイーな肉を食べて、隔離生活で眠った体を覚醒したいんです。

いくつか候補の店がありました。

訪問済みの店や初訪問の店。

ブログを書く身としては新規開拓すべきなのですが、今日だけは勘弁してください。
行ったことがある店で確実にうまい肉を食べたいんです。

これまで、ハワイと大阪で行ったことがあるこの店。

そう、Wolfgang’s Steak House。

北外灘というエリアに行きます。

このエリアを訪問するのは、10年ぶりぐらいでしょうか。
10年前は、もっとローカルエリアだったと思いますが、新しいショッピングセンターができていて、雰囲気が大きく変わっています。

店の後方には、艶艶ホテルとして名を馳せるWが’君臨。
17年ほど前にソウルのWに泊まったことがありますが、その時の印象が強く(いわゆるトレンディドラマに出てきそうなホテル)、さすがにこの年齢(いわゆるオッサン)になると、Wに近づくのを躊躇ってしまいます。

一方で、この年齢(いわゆるオッサン)になると、ステーキ屋が似合うようになった気がします。
本来なら、パパらしく港区女子を連れて行くのが良い店ですが、今回はオッサン二人で訪問。

この店のメニューにはいろんなステーキが記載されていますが、実質的には一択になっています。

PORTERHOUSEという名を冠するTボーンステーキです。

Tボーンステーキ
ヒレとサーロイン(あるいはショートロイン)の2つの部位が付いた骨付き肉。骨の断面がT字に見えるためこの名がある。

Wikipedia

PORTERHOUSE
Tボーンステーキの中でもヒレの部分が1/3を超えるもの。

Wikipedia

ちなみに、僕が、生まれて初めてTボーンステーキを食べたのは、ボストン留学中にアメリカのファミレスIHOPで食べたのが最初とされています(諸説あり)。
その時は「骨が邪魔やなあ。カッタイ肉やなあ。」ぐらいの記憶しかありませんが、歳を重ねて行くにつれ、赤み肉のうまさに気付かされていきます。

二人だったので二人分を注文しましたが、一人で二人分を食べれたかなと少し後悔。
三人分注文すればよかったです。

とはいえ、安い店ではないので、我慢すべきところではあります。

眠っていた体が目を覚ましました。

明日からの仕事に向けた準備が完了です。

 

↓ぽちっとよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村




 




コメント

タイトルとURLをコピーしました