上海隔離日記|15日目|仮釈放、そして新生活(保護観察)

中国生活

 




朝4時、仮釈放まで残り3時間

耳元に蚊の飛ぶ音がして目を覚ました。

手のひら、腕、足を噛まれたよう。

寝ようとするけど、痒くて眠れない。
でも、本当は釈放時間に寝坊したくないから、眠れなかったのかもしれない。

4時半(仮釈放まで残り2時間半)

起床。
ボーッと音楽を聴きながらコーヒーを飲む。

歯磨きなどを済ませて、ゆっくりと荷物を片付けていく。

仮釈放まで残り20分

健康コードと通信行程カードを確認すると、どちらも緑色!

前回隔離のこの時点では、通信行程カードは黄色だったけど、今回はすでに緑色になっている。
なんで?

7時ちょうど(仮釈放まで残り0分)

ドアがノックされたので、荷物を持ってロビーへ移動。
お金は先に精算していたので、リストの中にある自分の名前をチェックし、隔離完了証明とPCR陰性証明を受け取る。

7時5分(仮釈放から0分経過)

青空の元に釈放。

しばらくするとお願いしていた車が到着したので、新しいホテルに移動。
いつも利用しているホテルなので、チェックイン手続きは慣れたもの。

8時(仮釈放から55分経過)

ホテル室内へ。

これまでは610とか810など、10で終わる部屋番号だったけど今回は11終わり。
そのせいで、部屋の左右が逆転し、間取りは全く同じなのにすごい違和感。

左右が変わるだけで、こんなに違和感があるんだ。

ちなみに、泊まるたびに、同じ間取りの部屋なのに部屋代が高くなっていく、、、。
為替も悪化してるし。
上海の物価が怖い。

部屋に入るとWi-Fiが勝手に繋がった。
常宿なのでiPhoneがPWを記憶してくれている。

快適。

新生活(保護観察)開始

すぐにデリバリー注文。
最短時間で届けてくれる店で外卖したのはミニ小籠包。

味は普通だけど、隔離メシよりは美味しい。

ようやくスーツケースを開梱できたので、仕事道具のセッティングも完成。

隔離ホテルでは、机が小さくてセッティングできていなかった。
文字を入力するのも快適。

そして、出張の初の試みであり、今回の楽しみとして持ってきたApple TV。

使えるかどうか試そうとして荷解きをして気がついた。
テレビと接続するHDMIケーブルを間違えた。
HDMI- USB type Cケーブルを持ってきてしまった。
新たに買わないといけない。
持ってくるのを忘れると、どんどん余計な荷物が増えていく。

自主観察期間のための珍しい果物も買い込んだ。

そして、スタバを飲んでシャバの空気を感じてる。

自由っていいな。

今回の隔離は独房が最悪だったし、今日はめちゃくちゃ天気が良いので、今までの釈放以上に喜びが大きい。

まだ仮釈放なので、あと7日ほど保護観察期間が残っているけど、ムショの生活よりはずっと快適。

出所祝いの夕食は、昔から贔屓にしている鰻蘭の鰻重をデリバリー。

前回の釈放後夕食はハンバーガーを食べていた模様。

日本は選挙で盛り上がってるみたいだけど、明日は朝からPCRなので、早く寝よっと。

 

↓ぽちっとよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村




 




コメント

タイトルとURLをコピーしました