上海隔離日記|12日目|動画制作|英語頑張ろう

中国生活

 




隔離中は、基本的に時間があります。

なので、暇潰しを兼ねて、隔離生活の動画を撮ろうかと考えていました。
Youtubeとか見てても、隔離生活ネタは結構ありますからね。

でも、結局、今回の隔離部屋は、部屋が狭すぎて、ルームツアーをしようと思っても、静止画1枚とツアー動画がほぼ同じ情報になっちゃう感じなので、今のところ断念しています。

前回は、隔離中にPCR検査されるところを撮影したりもしたのですが、部屋が狭くて、カバンからカメラを出す気にもならない。。。

新卒の就職活動時は、東京のキー局に応募したりするぐらい動画制作には興味があります。

なので、たまに動画制作を思いついては、少し撮影して編集したりもしますが、企画も弱く、素材もイマイチで、編集クオリティも低いので閲覧数は20回とかそんな感じです。

まあ、テレビ局に採用されなかったということは、そもそも向いていないのかもしれませんが。

でも、チャンネルの登録者が26人(今日時点)もいるんですよね。
不思議です。

クオリティも低く、更新頻度も少ないのに登録してる人がいるって、申し訳ないとさえ思ってしまいます。
ただ、26人もいると思うと「動画制作しようかなあ」という気にもなります。

出所したら、上海動画でも作ってみようかなあ。


仕事で台湾にある企業の採用活動を手伝っていて、今日はZOOMで面談をしまいした。
そこでの面談は全て英語。
CVも英語。

で、どんな職種の人でも英語面談をこなしてます。

もちろん英語慣れしていない人も多いので、面談中はすごく緊張してるし、明らかに英語が苦手そうな人もいるけど、ただみんな、逃げずに頑張って英語で話してます。

日本人も逃げなきゃできると思うんですよね。
話し続けたら、いつかはそれなりに話せるようになります。

でも苦手意識を持っている人が多い。

26年前にアメリカ留学していた時は、韓国の留学生がもう勉強してました。
三星に入社するにはTOEIで850点が足切りラインだ!とか言って勉強してました。

韓国とか台湾は、小さい国なので、海外と絡まないと食っていけないってことをみんなが認識しているんだと思います。

環境的には、日本も同じようなもんです。

小さい島国。
資源もないし、人口もどんどん減っていきそう。

たまたま過去の成功体験があるので、英語が話せなくても国内だけで食っていけると思っていた時代が長かったですが、そんな時代は続かないです。

成熟社会も良いですが、どんな生き物でも、成熟したあとは死ぬんですよ。。。

ってことで、英語面談がこなせれば、条件の良い転職先がかなり増えるよ。英語頑張ろう!って話です。

日本企業の賃金が低い!って嘆く人は、英語を頑張って外資系企業に転職しましょう!

 

↓ぽちっとよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村




 




コメント

タイトルとURLをコピーしました