2012年当時のiPhone5購入ダイジェスト

中国生活

まもなく上海出張。

で、上海に渡航した際にiPhone13を購入するか迷ってます。
物理デュアルSIMというのは魅力的です。

僕は、これまで中国で2つのiPhoneを購入しました。
一つは昨年の上海出張中に購入したiPhone12。

もう一つはiPhone5です。

2012年ごろだったと思います。
なかなか入手が困難だった時代です。

買い方もはっきり定まっていなかった時代。

ふと、当時の購入の様子を思い出しました。


ある晩、部下のAさんから一通のショートメールが届きます。

Aさん
Aさん

iPhone5欲しいって言ってましたよね。知り合いから買えますよ

確か5000元ぐらいだったでしょうか。
その10分後、Aさんに購入したい旨を連絡します。

ラオフー
ラオフー

iPhone5欲しいです!よろしくお願いします!

翌朝 、Aさんから購入ルートを持つ別社員へショートメールがとびます。

そして、その日の14時。

会社に物品が到着。

この間、書類のやり取りは一切なし。
ショートメールのみです。

お金も払っていません。(この頃は、まだ電子決済はありませんでした。)
次の日の朝、現金で支払いました。

このスピード感はさすがです。
書類も何もなく、あるのは信用のみ。

速いです。

ただ、購入したのは良いですが、当時は、iPhone専用のSIMカードが必要でした。

で、このiPhone専用のSIMカードも超入手困難。

でも、部下のBさんが知人を経由して事前に電話で話をつけてくれたので、そのキャリアの窓口へ行ったのですが、Bさんから言われたのと異なる書類を要求されます。

「会社の規則だから」の一点張りでiPhone専用のSIMカードに交換してくれません。

止むを得ず、話をしてくれたBさんに電話で事情を説明。

ラオフー
ラオフー

〇〇という書類が必要だって言われてます。どうしよう?

Bさん
Bさん

わかりました。一度電話を切ります。私が担当者に話をします。少しお待ちください。

とのこと。

電話を切って待っていると、数分後、窓口が動き始めました。

窓口内では「総経理の指示だから」みたいな会話が聞こえてきます。

そして交換。

必要書類は必要ではなくなったようです。

Bさんはどこに電話したのでしょうか?
旦那さんが、どこかの国有企業の総経理だと聞いた気もします。

機器購入といいSIMカードといい、中国における人脈の重要性を感じた出来事でした。

 

↓ぽちっとよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村


上海ランキング

 




コメント

タイトルとURLをコピーしました