事実上の上海最終日に食したものは?

中国生活

 




翌日に日本に帰国という土曜日。

PCR結果を受領しないといけないし、仕事の整理もしないといけないし、部屋の整理と荷造りもしないといけない土曜日。

こんな日に限って、とてもいい天気。

そこで考えぬいた一日を過ごしました。

まずはPCR受領。

PCRテストはこれで12打数12陰性。打率10割です。

正確には、14打席12打数12陰性1抗原1抗体と言う結果です。
抗原検査と抗体検査は打数カウントからは外すことにしました。
四死球と同じ扱いです。

受領後、タクシーで安福路×武康路にある阿拉馄饨へ。

阿拉とは、上海語で”私たち”と言う意味。
”我らが雲呑”と言う感じでしょうか。

看板がないので不安になりますが、なかで食べているお客さんがいたので間違いありません。

オーソドックスな菜肉馄饨を注文。

海苔と一緒に食べると風味が増します。
あっさり塩味で朝食にピッタリ。

気になるのは、お母さんのワンオペ状態。

できる範囲でのんびりやっているのでしょうかね。

一旦、ホテルに戻って、荷造りを始めます。

昼過ぎのランチは、日式ラーメン。

最後なので、定番の神町にしようかと思いましたが、やっぱり最後まで攻めていきたい気持ちがあるので、初訪問の無双へ。

人民広場ラッフルズの裏手にあります。
看板が控えめで分かりづらい。
香港にあるような控えめな日式ラーメン屋です。

日本語ができる人が一人。
豚骨醤油と魚介系です。と説明を受けます。

定番だというい豚骨醤油を注文。
スープは好みの味です。

見せてくれたメニューには、二種類のラーメンしか記載されていなかったのですが、唐揚げなどを食べている人もいます。
僕には、唐揚げが載っているメニューは渡してもらえませんでした。。。

77元はなかなか攻めた値段です。
味はいいけど、値段と場所が微妙ですね。

隣に座った中国人客は残してました。
ちょっとしつこいのかも。
こってり好きの人には結構たまらないラーメンかもしれません。

食後に会社に行って仕事の整理。

仕事の整理の合間にマッサージ。

足60分でスタート。
そしたら、凄いこってるからお灸はどうだと言われ、60→75分コースに変更。
終わり際に「頭のマッサージも気持ちいいよ」とさらなるオススメに応じて、さらに30分の頭・顔マッサージを追加。
結局105分。
最後だし気持ち良かったし、まあ良いか。

仕事を終えて、最後の食事を考えます。

ここまで面面と来たので、面面面にすることに。

人民広場近くにある麵屋。
名前は忘れました。
国際飯店の道を挟んだ北側にあります。

少し散歩してから来たので汗だくのまま注文。
すると、レジの女性が何も言わずにエアコンのパワーを上げてくれた。
そういう優しいとこ、あるよね。
以前にも、扇風機を僕に向けてくれたり、メニューを使って仰いでくれたりしてくれた店もあったよね。

そして、ここの重慶牛肉麺が美味い。麺にコシがあって美味い。

今回の出張で食べた麺たちを一気に紹介。

いくつか漏らしてそうな気もするな。

また、上海に戻ってきます!

 

↓ぽちっとよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村


上海ランキング

 




コメント

タイトルとURLをコピーしました