上海ローカル飯 vs スタバ飯

中国生活

   




前の日の夕食が早かったので、朝早くからお腹が空いてきました。

大众点评で朝ごはんが取れる店を探すと、近くに24時間営業の麺屋が。

6時30分にその店に向かいます。

6時35分に店に到着。

すると8人ほどの男女がワイワイ騒いでます。
店の中でタバコをぷかぷかしているので、カタギじゃない感じがします。

僕と入れ違いで店を出た軍団は、チリチリバラバラに散って行きましたが、親分風のおっさんと若い女性は、歩道に座ってイチャイチャしてます。
朝っぱらのこの様子はちょっと異常です。
酔っ払ってるだけでしょうか。
薬でもやってるのでしょうか。

日本も中国も、繁華街の明け方のラーメン屋はこんなもんかもしれません。

店の正面にメニューが並んでます。
右横に支払窓口。
ローカル店は先払いが基本です。

ここの看板メニュー、特色辣肉面18元を注文。

そんなに辛くはありませんでした。
味はまあまあ。
18元なりの味です。

その後、散歩をしてたら昼近く。
暑さに負けて、軽く小腹も空いたので、スタバのリザーブへ入ります。

目を引いたのがハムとチーズが入ったクロワッサン。


それとカフェラテを注文。

98元。
高っ!

98元なりの味、とはなりません。
美味しいけど、せいぜい18元ぐらいですね。

まあ、これは店の雰囲気代ですね。

周りに迷惑を振りまくような怪しい軍団はいないし、静かだし。

夜には外卖した水饺が、整列してやってきました。

上海に昔から住んでいる人は、こんな日がやってくるとは思いもよらなかったと思います。
中国では、工場の中でも5Sがなかなか定着しないのに、25元の餃子がちゃんと定置管理されてやってきました。

円筒状の入れ物にどさっと雑に放り込んであるかと思ってました。
これは25元。

こんな可愛いタレもついていますが、25元なりの味です(笑)

僕は、もう少し皮が分厚い方が好きですね。
薄いとトゥルトゥル感が物足りない気がします。

値段と味は必ずしも一致しないね、というお話でした。

 

↓ぽちっとよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村


上海ランキング

 




コメント

タイトルとURLをコピーしました