上海隔離生活10日目

中国生活




隔離生活もいよいよ終盤。

でも、今日も不安を募る出来事しかありませんでした。

昨日もでしたが、朝から会社のネットワークに繋がらない。
隔離中の唯一の暇つぶしである仕事が不自由です。
オフラインで仕事をして、メールなどが必要な時だけスマホでテザリング。

めんどくさい!

Wechatやってきました。

おはようございます。Xホテルに電話したら、14日後の+7日間の人の宿泊は受け付けてもらえませんでした。

朝から辛いお知らせです.

そして、昼ごろ、

ごめんなさい。悪いニュースです。

先週土曜日に仮抑えしていたホテルからWechatがあって、また14日後の+7日間の人の宿泊は受け付けてもらえませんでした。

OMG
これで断られたホテルは3つ目です。

さらに夕方。。。

Zホテルに電話したら、今度はダブルグリーンコードを求められました。

ダブルグリーンコード?

ダブル陰性証明書は知ってるけど、それなに?

健康コードと行程卡のダブルです。

えーーーー。

行程卡は聞いてないよーーー

今日、警察から言われたそうです。

なんで?
泊めてもらえている人もいると聞きました・

何が違うの?
ホテルが違うんだろうけど、ホテルの方針なのか、地域の問題なのか?

知人から、泊まれている人がいるホテル名を教えてもらってはいるので、見つからなかったらそこにするけど、オフィスまで遠い…
出張に来てまで時間をかけた通勤はしたくないなあ。

とにかく、この上海市の+7日間ルールは、初適用者が、この5月30日にシャバに出たばかりで、はっきりとした事例が確認できません。

日に日にルールも変わっているように見えます。

さて、どうなるんだろう。。。

14時。
ガシャンという音とともに停電開始。
電気/ネットワークが切れたら何もできない隔離人.

15時。
部屋のチャイムが鳴る。
体温測定かと思ってマスクを装着して玄関に向かうと、勝手にドアを開けてきた。

裸だったらどうすんだ?

テレビが壊れてるんだろう?

は?何のこと?何もクレームしてないけど。

そもそもテレビなんて観てないし。

ちょっと試させてくれ!

え?
そもそもあなた誰ですか?

と思いながら

隔離中の人間と濃厚接触してもいいの?

とも思いながら。

最後はトランシーバーらしきもので、上海語で何かを使えて去っていきました。

なんだったの?

みなさんお待ちかね、隔離朝食/昼食/夕食

白ごはんの上に2軒隣の菜葉が乱入していたので、それを利用して顔を作ってみた。

退屈しのぎにも程がある。

やっつけ仕事になってきた。

僕のコメントが欲しい方は、1週間前の上海隔離生活3日目ブログをご確認ください。

 

↓ぽちっとよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村


上海ランキング

 




コメント

タイトルとURLをコピーしました