PCRからの健康コード取得 後半

中国生活

ダブル陰性証明書の取得は、現時点の中国渡航の最大の関所ですが、そこを超えたからといって、浮かれポンチで良いわけはありません。

健康コードの取得というフライト前最後の仕事が残っています。

事前準備

このサイトに行って入力を行いますが、事前に準備しておくことは以下の通り。

1.パスポート 顔写真ページの撮影
2.パスポート ビザページの撮影
3.日本の住所を示す書類(運転免許証等)の撮影
4.ダブル陰性証明書の撮影
5.フライトのEチケット(Itinerary)のスクショ

では、サイトに行ってみましょう。

サイトでの登録方法

まだ登録をしていない人は、まず”Register”が必要です。

メールアドレスを打ち込み、そこに送られてくるコードを入力します。

中身の入力

登録が終われば、中身の入力です。

入力のためには、こちらを選びます。
自分のために入力する人は、上を選択。下は他人のための代行入力する人のための入り口です。

Personal Information

Other Information

Personal InformationとOther Informationの2ページに入力します。

2ページ目のCOVID19に関する質問は、必ず”negative”を選択します。
Positiveの人は、そもそも入力しても意味がないと思います。。。

2ページ目では、途中で検査した病院名・証明書アップロード画面が出てきます。

内容確認画面

入力し、”Submit”をクリックすると、次のような確認画面になります。

問題なければ、”Confirm and submit”をクリック。

宣誓書

過去14日間で上記の1~8に該当しないことを宣誓するための宣誓書を確認し、下部にチェックをします。

  1. コロナ感染の可能性がある
  2. 37.3度以上の熱や咳がある
  3. 感染者と接触した
  4. 熱や咳がある人と接触した
  5. 感染者が出た場所やホテルなどに宿泊した
  6. 職場・家族に2人以上の発熱者がいる
  7. 解熱剤などの薬を飲んでいる
  8. 感染対策をとっていない病院や映画館、レストランなどの公共施設を訪問した
    (上記は簡易訳です。英文解釈についての責任は自己責任でお願いします。)

健康コード

すべて終了すると黄色(オレンジ色)の健康コードが発行されます。

僕の場合は、翌日の朝ごろに緑色に変わりました。

フライトまでの間、おとなしく過ごします。

 

↓ぽちっとよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村


上海ランキング

 




コメント

タイトルとURLをコピーしました