PCRからの健康コード取得 前半

中国生活

前回の上海渡航時には、フライト前PCRが求められていなかったけど、今回はダブル陰性証明書が必要とかなりパワーアップした中国渡航前PCR 。

ダブル陰性証明書とは、
中国の搭乗の2日前以内(検体採取時)有効の
中国大使館指定のフォーマットで作成される
新型コロナウイルスの 
①PCR検査陰性証明書 
②血清IgM抗体検査陰性証明 
の二つの証明書を言います。 

二つといっても、指定フォーマットは1枚になっていて、二つの検査結果を一枚の中に表現する様式です。 

台湾や日本渡航前のPCRは”フライト72時間前”ですが、中国は3日前と時間ではなく日数カウント。 

僕は日曜日9時のフライトなので、台湾であれば、木曜日の9時以降のPCRでよいですが、中国の場合は、金曜日以降でないといけません。 

即日発行! 

みたいな宣言文句をよく見ますが、万が一発行が遅れたら困るので、地元大阪で受診するのではなく、早めに成田入りして成田で受診することに。 

現在、成田空港には、成田国際空港 PCRセンターなるものが設置されています。 

ここは、 
1.中国政府指定 
2.24時間営業 
3.検査後”最短”2時間で証明書発行 
とのこと。 

自宅→(タクシー)→大阪空港→(飛行機)→羽田空港→(バス)→成田空港 

と大阪・東京の中心地を経由せずに成田に向かえて、感染リスクも減るし。 

ということもあり、少しお高いですがここに決めました。 
PCRは事前予約をすれば30,000円。 
IgM抗体検査が10,000円。 
合計40,000円です。 

ちなみに、IgM抗体検査ってなに?IgG検査との違いって? 
って疑問のある方は、こちらに説明されています。 

垣 M と G の 検 査 結 果 の 見 方 
M 陰 性 
G 陰 性 
感 染 し て い な い 
も し く は 
感 染 し て す ぐ で あ り 反 応 し て い な い 
感 染 し て 期 問 が あ ま り 経 っ て い な い 
M 陽 性 
感 染 性 あ り 
G 陽 性 
過 去 に 感 染 し た こ と が あ る 
感 染 性 は 少 な い と 思 わ れ る 
感 染 し て か ら あ る 程 度 時 問 が 経 っ た 状 態 
感 染 注 が 残 っ て い る 可 能 性 あ り

ってことなので、かなり過去に感染していても、IgMでは陽性にならないようです。 
ちょっと安心。 

成田空港で中国向けの検査をやっているのは第2ターミナルにある検査場だけ。 
第1ターミナルにも検査施設はあるようですが、こちらは中国向けをやっていないとのこと。 

第2ターミナルの1階の一番奥にあります。
ターミナルの奥をさらに奥に進み半分外のような通路を進んでいくと、PCRセンターがありました。

アルコール消毒と体温チェック。 

入っていた人に対応するおじさんがいて、いろいろ話しかけてきますが、体温チェックするのを忘れても、そこは何も言わない。。。 

雑談したいだけ?? 

受付でパスポートを見せて予約表を確認。 

現金・クレカで支払いが可能ということで、おカネを払います。 

 

番号が呼ばれるので、イスに座ってお待ちください。

と言われたのでイスに座ろうとした瞬間 

1番に入ってください。 

と言われます。 

そこで、 

1.右手首で血圧 
2.左手首で体温 
3.左手指先で酸素濃度 

を同時に図ります。 

忙しい。。。 

問診表に記載して署名。 

 

無症状ということなので、もし陽性だったらホテルか自宅療養になります。公共交通機関が使えません。

と恐ろしい宣言がなされます。 

で、別のブース前に連れていかれて座らされるや否や、すぐに呼ばれます。 

もう座らんでいいやん。 

中は採血するところ。 

僕は採血慣れしているので、いつも採血する場所を教えてあげます。 

 

二分間は、押さえておいてくださいね

と言われ、注射痕のガーゼを抑えながらブースを出ようとすると 

そのまま〇番ブースに行ってください。 

中に入ると、恐怖の綿棒が見えます。 

マスクを鼻の部分だけ外してください。 

ガーゼを抑えているから両手が使えないんだけど、、、 

なんとかガーゼを外すと、何のためらいもなく棒を突っ込まれます。 

突っ込んでいる時間は、今までで一番短かったかも。 

でも、突っ込む場所が適確なのか、涙が止まらない。 

採血して、まだ1分ぐらいしかたってないうちに終了し、そのまま出ようとしたら 

ガーゼはここに捨ててください。 

と2分経過していないガーゼを奪われてしまいました。 

最短2時間後! 

とはいかないようで、4時間後に再訪問。 

パスポートと領収書を見せて、ダブル陰性証明書を入手できました。 

健康コードアップロードは、後半で。 

 

↓ぽちっとよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村


上海ランキング

 




コメント

  1. […] PCRからの健康コード取得 前半 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});前回の… […]

タイトルとURLをコピーしました