上海でのコミュニティの多様さ

中国生活

日曜日に、ある集まりに参加。

9ヶ月も上海にいなかったので、半分ぐらいは知らない人。

そんな中で3人の人と繋がった。

一人は、これから一緒に仕事をやっていけそうな人で大学の先輩を知っている人。

一人は、今、仕事で課題になっていることを解決して来れそうな人。

一人は、高校時代のクラスメイトを知っている人。

これから一緒に仕事をやっていけそうな人

仕事の話でかなり意気投合。
お互いに中国が長いので感覚が似てくるのかな?

しかも、偶然、僕の大学の先輩が、この人と同じ会社だということもあって、すぐに「Wechatで繋がりましょう!」となった。

今、仕事で課題になっていることを解決して来れそうな人

まさに今、特に日本本社が悩んでいる課題について詳しい人がいた。
ここまでぴったりの条件の人は、普通に探してもなかなかいない。

こちらは、Wechatだけでなく、機密を含む具体的なやりとりができるよう、メールアドレスも交換。

ありがたい。

高校時代のクラスメイトを知っている人

高二高三で同じクラスだった人を知っている人と出会った。

そもそもその人とは出身地が近かったので、地元話をしていると「もしかして、〇〇さんって知ってますか?」と。

めっちゃ知ってるし。
仲良しだったし。

これまで、上海でかなりの懐かしい人たちやその知人や同郷の人と出会った。

ある居酒屋では、中学校の後輩が働いていた。

高校のクラスメイトは今回で2人目。
そして、高校の後輩が2人いる。

大学の、しかも同じ部活の先輩後輩も5人いる。

上海には、たくさん日本人がいるんだから、他の人もこんなもんなのかもしれないけど、でも、すごい巡り合わせだと思う。

 

↓ぽちっとよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村


上海ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました